Trigger
JØTUL F 602 ブラックペイント
JØTUL F 602 ブラックペイント

JØTUL F 602

1930 年代の匠の技と現代の技術を結集した名品
1930 年代にノルウェーの首都オスロを中心に、教会や橋を建築したBlakstad 氏とMunthe-Kaas 氏によるデザインです。彫刻家のØrnulf Bast 氏がレリーフを担当しました。技術的な改良を繰り返し、現在はクリーンバーンを搭載しています。設置が簡単で熱効率がよく、本体上部のホットプレートで料理も楽しめます。
製品スペックとポイント
製品スペック
サイズ W320×H640×D540(mm)
重量 78kg
最小出力 2.3(kW) 1,978(kcal/h)
定格出力 6.0(kW) 5,160(kcal/h)
最大出力 8.5(kW) 7,310(kcal/h)
暖房面積 100(㎡) 61畳
試験データ 73%・出力6.1kW
煙突 150(mm) 上・後
薪長 40(cm)
投入量の目安 2.0(kg/h)
カラー ブラックペイント
価格 220,000円(税別)
ポイント
歴史を物語る刻印
伝統のライオンレリーフ
誕生以来、変わらずJØTUL F 602を護り続けているノルウェーライオン。ノルウェー王家の紋章として、高貴の証でもあります。意匠を凝らしたレリーフは、ヨツールの定評のあるところです。
ヨツール・シガーストーブの燃焼方式
手前から奥へゆっくりと、葉巻に火が付くように薪が燃えます。
<<  製品一覧へ戻る